amodova blog

PS3パッドBT無線ドライバはどれがいい?

Feb 16, 2010 - ゲームパッド

PlayStaion3のコントローラ、SIXAXIS・DUALSHOCK3といったパッド(以下PS3パッド)を USB-Bluetoothドングル(以下BTドングル)を通して、Windows XPで使うドライバアプリが少しづつ出揃ってきたような感じもありますので、 一体どれが一番いいの?ということで、ある程度メジャーなドライバの比較をしてみたいと思います

現時点での主要3ソフトウェアを比較

今回比較してみるのは

の3つです。
ちなみにPlanexのBT-MicroEDR2についてくるのは、中身はBtSix(1.4.0.1)です。 ただインストーラが組み込まれているのでインストール作業が簡単にはなっています。 BtSix、WinDS3ともにBTドライバはFreeBT USB Driverです。MotioninJoyは独自のものを使っているようです。

それではさっそく比較していきます。

接続できるパッド数、種類は?

BtSix

large image

こちらはバージョン1.5cではSIXAXIS、DUALSHOCK3(振動機能も)に対応しています。 ベータバージョン最新である0.5.0.5bではDUALSHOCK3は接続すると振動をし続けてしまい 実用できないので、0.5.0.5bではSIXAXISのみが使用可能となります。 接続できる個数ですが1.5cでは1つのBTドングルに対して1つのPS3パッドが使用できます。 では複数のBTドングルを用意すれば、複数個の接続が可能か?と言うと 自分がテストした環境では、うまくいきませんでした。 そもそも複数のパッドの接続に対応した設計ではない感じです。 ただ理屈的には出来るのかもしれません。不可能ではないのかな? 一方0.5.0.5bでは公式的に1つのBTドングルで4つのPS3パッド接続に対応している、としているのですが 3つ目からはうまく認識しませんでした。 ただ2つのパッドまでなら正常に認識し、コントローラ番号LEDも正常に点灯しました。

WinDS3

large image

こちらもSIXAXIS、DUALSHOCK3(振動機能も)ともに対応しています。 1つのBTドングルで2つのPS3パッド接続に対応しており、2つ目を接続すると WinDS3ウィンドウが2つ立ち上がり、正常に2つのパッドが機能します。 コントローラ番号LEDは1つめは正常に1が点灯し、2つめは1と2が点灯するようです。 ですので一応LEDでコントローラIDの確認は行えます。

MotioninJoy

large image

こちらもSIXAXIS、DUALSHOCK3(振動機能も)ともに対応しています。 1つのBTドングルでは1つのPS3パッドしか接続できません。 しかし公式的に複数のBTドングルを使った複数のPS3パッドはサポートしているようで、 BTドングルさえ増やせば2個目、3個目と追加していけます。(3個の接続まで確認しました。もっといけるかも?) コントローラ番号LEDはちょっと変わっていて、コントローラIDを表示するかわりに PS3パッドのバッテリー残量表示機能になっています。 ちなみに、MotioninJoyはUSBでの有線接続でのパッド使用にも対応しておりますので、無線の必要はない、 という方でもこちらのアプリケーション・ドライバが使えます。


ソフトウェアの機能は?

BtSix

large image

BtSix本体としては、ほぼ出来ることはありません。 基本的に接続、入力、バッテリー残量の確認ぐらいです。 ボタンリマップ等はPPjoyのほうで行うことになります。他にはとくに機能はありませんので、 やはり少し他にくらべ貧弱かなという印象をうけます。 Xbox360コントローラエミュレーションを使いたい場合はX360CE、キーボード・マウスエミュレーションを使いたい場合は JTK等を使わないといけません。

WinDS3

large image

Xbox360コントローラ、キーボード、マウスエミュレーション機能を搭載しています。 またマクロ機能もあったりとなかなか高機能です。 キーボードマウスエミュレーションではプロファイルを登録して保存しておくことも可能です。 各設定はWinDS3のウィンドウで行え、またボタンもグラフィカルに配置されなかなか見やすいですね。 ただXbox360コントローラエミュレーションではL2、R2をXbox360コントローラのLトリガー、Rトリガーの様にアナログとして 使おうとした場合、一部ゲーム(GTA4等)でうまくアナログとして機能しません。 そしてボタンリマップ機能がまったくないので、自分で任意の配置にボタンやアナログを入れ替えることができません。 これは個人的に一番いたいかなぁ・・・と思う所です。

MotioninJoy

large image

Xbox360コントローラ、キーボード、マウスエミュレーション機能を搭載しています。 公式サイトを読むとXbox360コントローラエミュレーションでは一部のゲームで振動等に不具合があるようですが 僕がテストした環境ではかねがね良好でGTA4のアナログ動作も完璧です。 またボタンリマップ機能も搭載しており、グラフィカルにボタン配置を入れ替えを行うことができます。 ただ、この機能に少し不具合があるようで、設定したボタンがうまく反映されないかったりと、ちょっと動作があやしいです。 あとこちらの設定アプリケーションはWEBアプリのようなもので、PCがインターネットに接続していないと使えません。


導入のしやすさ、安定度は?

BtSix

large image

インストールは正直いってちょっとめんどくさいです。 BtSix本体以外にもPPjoyやLibUSBなどをインストールをしなくてはならず、 ドライバの更新もデバイスマネージャから手動で行わないといけません。 もちろんアンインストールも全て手動になります。 ちなみにこれを全て自動化(ウィザード化)したものがPlanexのBTドングルについてくるやつですね。 安定度は、実はかなり危なかったりします。BtSixバージョン1.4a以上ではハンドルリークが起きる問題があり、 おそらく延々と起動しつづけると最悪はOSを巻き込んでクラッシュという事も考えられます。 一応僕がテストした環境では2時間ぐらい起動しつづけてもゲームのfps低下やクラッシュ等 目だった不具合はおきなかったですが、やはりハンドル数がすさまじい数に増えていくのがちょっと怖いです。 このハンドルリーク問題の解消がのぞまれていたのですが、1.5c、ベータは0.5.0.5cを最後に更新が長らくとまってしまっています。

WinDS3

large image

導入のしやすさ、わかりやすさではこれが一番ではないでしょうか? 全てウィザードに従っていけば問題なくインストールできると思います。 ただウィザードのステップ数がちょっと多いような気もしますが、好意的に捕らえれば、非常に親切な設計と思います。 アンインストールもウィザードで全て行えます。 ドライバ、接続の安定度はかなり優秀で、PS3パッドのPSボタンをおせば、ほぼ間違いなく接続してくれ 使用中も問題はありません。 ただこちらも現在は更新が止まってしまっているようです。 ボタンリマップ機能がなかったり Xbox360コントローラエミュレーションに一部不具合があったりするので、 また、唯一の有料ソフトウェアなだけに更新再開が強く望まれます。

MotioninJoy

large image

Xbox360コントローラエミュレーションを使いたい場合のみ別途MicroSoftのドライバもインストールする必要がありますが、 こちらもインストールは非常に簡単な部類だと思います。 手数は非常に短く、おそらく一番素早くインストールが終わるアプリケーション・ドライバです。 ただ全ての作業にウィザードがあるわけではないので、まったく予備知識なしにインストールしようとすると ちょっととまどうかもしれません。 でも公式サイトのインストール手順さえ見れば簡単に完了すると思います。特に複雑な作業はいりません。 アンインストールは一部のものをデバイスマネージャから手動で削除してやる必要があります。 接続もかなり安定していますが、極たまーに怪しい時がありました。そういう時は何回かPSボタンをおしたり、 一度BTドングルをさし直してやれば接続できると思います。 使用中は非常に安定しており、複数のパッドもちゃんと同時に動くので動作中はなかなか優秀です。 こちらは現在も精力的にアップデートが続けられており今度に一番期待できるアプリケーション・ドライバですね。


まとめ

ということでやはり、導入の簡単さ、機能の充実度やフリーウェアである事を考えると現時点ではMotioninJoyが個人的には 一押しです。 ただMotioninJoyでもDS3の振動機能やボタンリマップ機能に一部不具合があるので今度も更新を続けてくれると嬉しいですね。

機能 BtSix 1.5c BtSix 0.5.0.5b WinDS3 MotioninJoy
インストール 手動 手動 自動 自動*1
ボタンリマップ機能 ×
Xbox360コントローラエミュレータ × × ○*2
キーボード・マウスエミュレータ × ×
マクロ機能 × × ×
1BTドングルの接続数 1 4(*3) 2 1
複数パッドサポート ×
SIXAXISの使用
DUALSHOCK3の使用 ×
USB有線使用 × × ×
ソフトウェア形態 フリー フリー シェア($14.82) フリー
  1. *1:アンインストールは一部手動
  2. *2:別途MicroSoftのXbox360ワイヤレスコントローラドライバが必要
  3. *3:公称は4台接続対応だが、実際には2つまで

関連記事

最新記事

カテゴリ