amodova blog

MINI-BAK (by KeyBAK) ミニ・キーバック

Jul 16, 2012 - アウトドア用品

登山中などの小物は、サッと取り出したいけど紛失も怖い。そこでリーシュコードなどで何かとつなぎとめておくといいのですが、そんな用途の製品の中ではKeyBAK(キーバック)が有名だと思いますが、今回はそのシリーズの中でも最小・軽量のMINI-BAK(ハンズでの商品名:ミニ・キーバック)を購入してみました。

東急ハンズでの購入価格は680円(税込み)ナリ。ちなみにKeyBAKはこのミニタイプ以外にもゴツめのオリジナルを始め、色んな種類があります。東急ハンズや石井などの登山ショップに普通においてあったりするので入手もしやすいくて○です。ちなみにKeyBAKはこういったキーリールの元祖なので一度ラインナップを見てみてもおもしろいと思います→KeyBAK社WEBサイト

コードはナイロン製の長さ36インチ(0.9メートル)のコードです。腰あたりにKeyBAKをぶらさげて、軽く手を伸ばす範囲であればちょうど届くので、コードの長さもほどよいかと思います。ちなみにコードの先はリングタイプとなっておりますが、米国本社のラインナップを見ているとクリップからストラップコード、鉛筆ホルダーなど様々なタイプが存在するようです。
キーリールとしてのサイズもこのミニタイプが一番使いやすいような気がします。 やはりオリジナルは登山等で持ち歩くにはゴツくて大きくて重い気がします。 ただこのMINI-BAKはミニ故に、先のリングにあまり重いものをつけると自重でコードが延びてきてしまいます。 ちなみにSpydercoのDelica(ナイフ)ぐらいのものでも自重で伸びてきてしまいました。重いものや、複数のカギ等をジャラジャラぶら下げる場合は、やはりオリジナルKey-BAKを使う必要があるかと思います。かなり重いものをぶら下げる場合なんかには、ロックができるSuper48というラインナップもあります。

ちなみにこだわりのメインド・イン・USAでございます。KeyBAKシリーズは一部アクセサリ品を除いて、基本的に全てこだわりの米国製となっています。SureFirfe社等米国産にこだわるメーカーは何かと質実剛健なイメージですね。

今回このMINI-BAKを購入した目的は前回入手したホイッスルをつけるためです。ホイッスルのリングをはずし、MINI-BAKのリングにホイッスルをとりつけます。サイズも色もバッチリです。
ホイッスルは緊急用っていうのもそうなんですが、ベルを持ち歩かない自分としては単独ハイクの熊除けの目的が強いので、サッと取り出せるかが肝なんです。

ホイッスルをとりつけたMINI-BAKはカラビナに装着して腰につけて山に入っています。サッと腰から口もとまでホイッスルを引き出せるので、想定通りでバッチリな感じです。

ちなみに裏側はクリップとなっており、ここにリングを通してカラビナにつけています。 この裏側のアタッチメントも本国ではピンタイプなど色んな種類があるようです。

今回はホイッスルをつけましたが、他にも色々な用途に使えそうです。サイズもほどよく色も複数でているので(といってもあまりデザイン性のあるカラーラインナップではありませんがw。質実剛健なのでw)それなりにアイテムに合わせて選択も可能かと思います。100均のリールを買ってすぐに壊れるぐらいなら、質実剛健で680円の価値はアリ?

最新記事

カテゴリ